筋トレ雑学

【筋トレ】【知識】有酸素運動で筋肉減少or筋肥大

mものぐさシロー

こんにちはものぐさシロー(@monogusashiro1)です

筋トレをしている人なら

有酸素運動をすると筋肉が

減ってしまうと一度は

聞いたことがありますよね。

本当にそうなのでしょうか?

この噂の真偽に

ついて解説していきます。

この記事はこんな人にオススメです
  • 有酸素運動は筋肉を減らしてしまうのか知りたい
  • 有酸素運動は筋肉にどんな効果をもたらすのか知りたい
  • 有酸素運動をするメリットを知りたい

早速ご紹介します

有酸素運動で筋肉は減るのか

ものぐさシロー

今回はこちらの論文を元に紹介します

結論から言いますと

筋肉が減ることは考え難く、

むしろ筋肉を増やすことが

出来るとされています。

有酸素運動が急性および、

慢性的にタンパク質代謝を変化させ、

骨格筋肥大を誘発する

ことが実証されています。

過去40年以上にわたり、

有酸素運動トレーニングが

骨格筋の成長に与える影響を

示すいくつかの前例があります。

研究

これらの研究は、加齢に伴う

骨格筋の萎縮は多因子性である一方で、

  1. 身体活動の低下
  2. 新しいタンパク質を合成する能力の低下
  3. 骨格筋繊維のサイズと数の減少

などが含まれていることを示しました。

また、老化したヒト骨格筋では、

ミトコンドリア機能の低下と

細胞内異化経路の増加が指摘されています。

これはタンパク質代謝に影響を与え、

骨格筋の質量と機能の低下を

促進すると考えられています。

異化(いか、Catabolism)とは、分子を

小さな構成部分に分解してエネルギーを

取り出す代謝過程である

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E5%8C%96_(%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6)

有酸素運動トレーニングは、

  1. 異化mRNA発現の減少
  2. ミトコンドリアの生合成および動態の誘導
  3. 筋タンパク質合成の増加

により、

若年者および

高齢者の筋線維および

筋全体の肥大を促進することから、

加齢に関連した筋量の

減少を緩和するための、

実行可能な運動処方であることが

示唆されています。

さらに、適切に実行された有酸素運動は、

抵抗運動トレーニングに匹敵する

骨格筋肥大につながると言われています。

ものぐさシロー

有酸素運動が筋トレに匹敵する

筋肥大を引き起こすなんて驚きですよね

分子生物学において、

伝令RNA(でんれいRNA、

メッセンジャーRNA、英語:messenger RNA)は、

蛋白質に翻訳され得る

塩基配列情報と構造を持った

RNAのことであり、通常mRNAと表記される。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E4%BB%A4RNA

1 2
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です