筋トレ雑学

【在宅】在宅ワーカーの目の疲れオススメ最強対策を対策を3つご紹介

ものぐさシロー

こんにちは、ものぐさシローです

今回は在宅ワーカーには

いつもついてまわる問題

目の疲れの最強対策

についてまとめました

さっそくお話していこうと思います

目の疲れオススメ最強対策を対策

オススメ最強対策は次の3つです

  1. 目を温める
  2. 頭のマッサージをする
  3. 目の疲れ対策グッズを使う

です

さっそく見ていきましょう

目を温める

最初に紹介したいのが

目を温めることです

すごく目が疲れていて

目の奥や頭がズキズキ痛むときには

目を温めることは効果的なんだそうです

目を温めることによって

目の周りの循環がよくなります

またマイボーム腺という

油を分泌する腺を

温めることによって

ドライアイの対策にもなるそうです

マイボーム腺(マイボームせん、: Meibomian gland)は、まぶたの縁にある特殊な皮脂腺の一つで、目の涙液膜の蒸発を防ぎ、が頬にこぼれ落ちるのを防止し、閉じたまぶた内を気密にする働きを持つ油性物質(皮脂)の供給をつかさどる。

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%85%BA

自分自身でホットタオルを

作って温めるのも良いですし

レンジで温めるだけで

すぐ使えて何回も繰り返し

得る使えるものなども

薬局やAmazonなどの通販サイトでも

取り扱っていますので

ぜひ使ってみてください

ものぐさシロー

ぼく自身は薬局で見つけた

700円ぐらいの繰り返し

使えるものを愛用してしています

頭のマッサージをする

目の疲れなのに頭関係あるの・・・? と

思った方もいらっしゃるかもしれません 

でも実は関係あるようなんですね

こちらの
Kazuya Sakodaさんが

ご自身の動画で解説されていますが

頭痛・眼精疲労は多くの場合

筋肉の緊張から起こるそうです

目の周りの筋肉は顔から

頭のほうの筋肉についている

筋肉につながつているため

緊張を効果的に取ってあげることで

解消することができるそうです

細かい手順などは

動画内で説明なされているので

気になった方はぜひご覧ください

ものぐさシロー

ぼく自身自分で

頭のマッサージをしてみたら

何となく見える光景の明るさが

上がったような気がしています

自分で行うだけでも

十分効果的だと思うのですが

本格的に効果を得たい

とお考えの方はプロの方に

お願いするのもいいのではないでしょうか

目の疲れ対策グッズを使う

最後に対策グッズをご紹介します

オススメのグッズそれが

ブルーライトカット眼鏡です

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

引用元 http://blue-light.biz/about_bluelight/

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。

約20年前と比較し、省エネ化でLEDが普及したことにより日常生活におけるブルーライトの暴露量が増えています。ブルーライトの放出量は各デバイスによっても異なり、パソコンのみならず、現代人の必須アイテムとなりつつあるスマートフォンから発せられるブルーライトにも注意が必要です。

引用元 http://blue-light.biz/about_bluelight/

在宅で仕事をしていると

どうしてもパソコンやスマートフォンを

使う時間が多くなってしまいますよね・・

ブルーライトカット眼鏡なら

パソコンやスマートフォンなどから

発せられているブルーライトを

何%かカットしてくれます

ものぐさシロー

ぼく自身もブルーライトカット機能の付いている眼鏡を

日頃愛用しています

まとめ

いかがでしたか

目の疲れオススメ対策

ご紹介してきました

長時間の仕事や作業で

目が疲れてしまうなんて方

ご紹介した対策を

ぜひ試してみてください

にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です