筋トレ雑学

【筋トレ】【知識】トレーニーに人気!ブロッコリーが筋肉にイイ訳

ものぐさシロー

こんにちは、ものぐさシロー(@monogusashiro1)です

今回は筋トレをしている人の間で

話題となっているブロッコリーが

なぜ筋肉にイイのか解説していきます。

この記事はこんな人にオススメです

  • 肉以外に筋肉にいい食材を知りたい
  • 野菜なのになんで筋肉にいいのか知りたい
  • 筋肉にいい食材を知りたい

早速ご紹介します

ブロッコリーが人気なのはなぜ?

筋トレをしている人の間で

話題となっているブロッコリーは、

筋肉にいい食材として

鶏肉などと共にに挙げられます。

ものぐさシロー

肉でもないのに一体なぜなのでしょうか。

理由

一体なぜなのかそれは、

ブロッコリーにはバランス良く

筋肉に良い栄養素が

豊富に含まれているからです。

 

筋トレに効果的な栄養素は以下の3つ

筋トレに効果的な栄養素3つ

[1] ビタミンB1とビタミンB6、ビタミンCが豊富
[2] 野菜の中ではタンパク質が多い
[3] 男性ホルモンのテストステロンが含まれている

 

ものぐさシロー

栄養素が豊富なブロッコリーは

「野菜の王様」と

呼ばれることもあるようです

その他の栄養素

その他の栄養素
  • 食物繊維
  • ビタミン類
  • 葉酸
  • 鉄分
  • カリウム
  • マグネシウム
  • タンパク質

これらの栄養素の内、

タンパク質は野菜の中で

見てもかなりの含有量を誇ります。

ブロッコリーはタンパク質は100gあたり4.3g、

ビタミンCでは、

100gあたり120mgです。

これは100gあたり100mgのレモンよりも多い数値です。

ブロッコリーを食べる最大の理由

そして筋トレをする人が

ブロッコリーを食べる最大の理由、

それは、

ジインドリルメタンI3C(インドール-3-カルビノール)

という成分が含まれているからです。

3,3′-ジインドリルメタンは、

ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ、ケールなどの

アブラナ科の野菜に含まれている化合物である。

引用元: http://blog.livedoor.jp/ideensuche/archives/16739878.html

インドール-3-カルビノール(indole-3-carbinol : I3C)

アブラナ科の野菜に含まれる有機化合物。

がん細胞の増殖抑制や細胞死を誘導すると報告されている。

引用元: https://health.joyplot.com/HealthWordsWiki/?%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB-3-%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB

これらの成分は女性ホルモンであるエストロゲンを抑え、

男性ホルモンのテストステロンを

増強する働きを持つと言われています。

つまり結果として、カラダが

筋肉の発達しやすい状態になるという訳です。

ものぐさシロー

ブロッコリーはまさに、

筋トレする人にのぴったりな野菜ですね。

1 2 3 4
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です